宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 2×4(ツーバイフォー)工法ってなに?

2×4

木造建築の工法で「木造枠組壁工法」のひとつです。

家を建てるときにつかわれる角材のサイズが「2インチ×4インチ」であることからそう呼ばれています。

1インチは約2.54センチメートルなので、2×4の角材は、縦5.08センチメートル、横10.16センチメートルのサイズということになります。

この角材の大きさによって、他にもツーバイシックス(2インチ×6インチ)、ツーバイエイト(2インチ×8インチ)、ツーバイテン(2インチ×10インチ)といった工法があります。

この均一サイズの角材と合板を接合して、柱や梁の代わりに壁、床、天井、屋根部分を構成し、

それらを組み合わせて箱状の空間をつくっていく工法です。

2×4工法に代表されるのが木造枠組壁工法です。

木造枠組壁工法は箱状のものを横に並べたり、上に積んだり、箱の中を仕切ったり、箱の一部をくりぬいて窓などの開口部をつくるという考えかたです。

2×4工法のメリット

面で構成されているので、耐震性、耐風性が高いです。地震や風といった外部要因に対して、耐性があると言われています。

また、高機密、高断熱であることが挙げられます。

これも面であることに由来しますが、冷暖房効率だけでなく、耐火性にも影響します。

2×4工法で建てられた住宅のほとんどは

「耐火性能を持つ建物である」と認識されていて、火災保険の費用を抑えることもできるのです。

もうひとつのメリットは、比較的工期が短いこと。

在来工法は大工、職人による手作業の割合が多いため工期が長くなりがちですが、

ツーバイフォー工法においてはシステム化が進んでいて分業がしやすいという特徴があります。

2×4工法のデメリット

間取りに制限があったり、後から変更することが難しい。

間取りの変更を伴うような大きな工事が思うようにできない、ということもあります。

また、開口部を大きくとるのが難しいという欠点も。

開口部は箱の一部をくりぬいてつくることになるため、住宅を支える壁の強度が下がってしまうのです。

さらには、高機密、高断熱であるがゆえのデメリットではあるのですが、

内外の温度差が大きくなるため結露が生じやすいです。

結露対策をしておきましょう。

関連記事

  1. 耐震等級

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 耐震等級と…

  2. 564564654156

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 駐車場の幅…

  3. スライド1

    地域情報サイトマチケンへのお問い合わせはこちら

  4. 5465656

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 畳コーナー…

  5. 耐震等級

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 耐震等級と…

  6. 2×4

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 2×4(ツ…