宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 畳コーナーが今人気!

5465656

そもそも畳コーナーとは?

畳コーナーとは、洋室であるリビングなどの一部分に畳を設けたスペースのことを指します。
和室との違い、和室は壁などで空間が区切られているひとつの部屋になっていますが、
畳コーナーはリビングなどの一部分の空間を畳のスペースにしています。
そもそも明確な決まりはないのですが、およそ4.5帖以上の広さを和室として、
それ以下を畳コーナーと呼ばれることが多いようです。

和室よりも人気の高い畳コーナー

和室を設ける場合、その分のスペースが必要になり、うまく間取りが決まらない可能性もあります。
例えば、リビングの横に和室を設けた場合にリビングが狭くなってしまう可能性もあります
他の例を出すと、和室を設けてみたが、いざ住み始めてみると「実際にはそんなに使っていない」などという声もあり、
一部屋もいらなかったという失敗談を聞くこともあります。
それぞれのライフスタイルにもよりますが畳コーナーであれば、和室のように多くのスペースを取ることなく、畳のある空間を味わうことができます。

小上がりの畳コーナー

小上がりの畳コーナーとは、20~40cmの間で膝下ぐらいの段差がある畳コーナーです。
主に、リビングの一部分に畳コーナーを設置する場合はこの小上がりタイプが多く用いられていることもあります。
床とフラットになっているタイプと違い、一段高くなるので床との間に空いた空間を活用することができます。

小上がり畳コーナーのメリットは?

一段高くなっているため、腰かけて座ることでくつろぐことができます。
そのまま、畳の上でごろ寝もできて、起き上がる時も段差を利用して楽に起き上がることができます。
フラットなタイプと比べて、腰かけることで視線が高くなり家族の気配を感じることもできます。
また、床との間の空間を有効活用して、収納スペースにすることもできます。
その時に段差の高さを高く取るようにすれば収納スペースを多く取ることができますよ。
小上がりになっていることで部屋の中に変化をつけることができて、デザイン性もあります。

小上がり畳コーナーのデメリットは?

一段高くなっているため、つまずいてしまう事もあり、バリアフリーではないので高齢者の方は気を付けなくてはいけません。
他にも、段差があると小さいお子さんがいる場合は落下の危険があるので注意が必要です。
また、材料や手間がかかるので、費用が高くなってしまう場合があります。

 

今回は、畳コーナーについてご紹介しました。
ちょっとした、くつろぎのスペースに畳コーナーは最適ですね♪
ただ、設ける時は本当に必要なのかよく考えてから検討することが大切です。

関連記事

  1. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 天井を上げ…

  2. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 複層ガラス…

  3. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 新築一戸建…

  4. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 最適なテレ…

  5. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい アイランド…

  6. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい リビングを…