宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 太陽光を上手に活用しよう!

87637863896

太陽光発電は、太陽の光エネルギーで発電することです。
太陽の光はたくさん使っても枯渇しないため、再生可能エネルギーの1つとされます。
世界で初めて太陽光発電が使われたのは、1958年のアメリカの人工衛星「ヴァンガード1号」。
燃料が届かない宇宙で、電源として用いられました。

いまは、世界中で303GW(ギガワット)以上の太陽光発電が導入されました。
ここまで太陽光発電が増えたのは、発電中にCO2などの有害物質が出ない特性をもつためです。
大きな気候変動を防ぐために、世界の国々が太陽光発電に注力しているのです。

太陽光発電にはたくさんのメリットが存在しており特に電気代が安くなるのは最大の利点です。
住宅用の場合、太陽光発電システムで作った電気は当然ながら家庭で使用できるため、自宅の電気代を減らすことにつながります。
夜間電力が安くなるプランを利用したり、蓄電池と上手に組み合わせたりすることで、
エネルギーマネジメントを行えるため、家計に優しいというのが一番のメリットです。

さらに投資として活用できる点災害時や停電時、電気が使える点環境保全への貢献ができる点
固定買取期間が長い点パネルによる断熱効果が期待できる点節電意識が高まるなど利点が多いのが特徴です。

今回はあえて太陽光発電のデメリットを掘り下げ、上手な活用をしてもらうべく皆様の参考になればと思います。
デメリット
1、設置費用が高く手が出せない
重要となるのが設置費用の問題です。
昔に比べると設置費用や設備代などの値段は下がっているものの、初期投資にお金がかかるため、なかなか手が出せないという方もいます。
もちろん、設置できる面積や環境などに応じてパネルの枚数や架台の種類なども変わってくるため金額はそれぞれですが、
売電収入を得る目的で地面に設置する「野立て太陽光発電」の物件の多くは1,000万円以上の高い買い物です。
しかし、太陽光発電の投資として始める場合、ソーラーローンといった、銀行や信用金庫などが太陽光発電の利用者に限って提供している、
通常より低金利なローンも検討できます。家や家電などと異なり「買って終わり」というものでもなく、
電気という財産を継続して生み出すことができるため、バランスの良い支払い計画を立てれば無理なく初期費用を取り戻せるでしょう。
2、補助が受けられるかどうかわからない
かつては太陽光発電の設置について、経済産業省資源エネルギー庁が再生可能エネルギー普及促進の奨励策を出していたため、
国や地方自治体から補助金が出ていました。
しかし、国の補助金は2014年度に打ち切られ、都道府県や市町村の補助金も多くの場合は終了しており、あったとしても予算や件数に限りがあり、
先着順となるなど補助が受けられるかどうかわからないというのが現状です。
太陽光発電を設置するのは大きな投資ですから、その助けになる補助金の期待が薄いというのは心許ないですね。
3、自宅の場合、発電した電気を全部買い取ってもらえない
住宅用の場合は発電した電気のうち自宅で使用した後の、余剰電力を10年間販売できるというもので、
産業用のように全量を買い取ってもらうことができません。
一方、産業用・事業用設備の場合、電力需要が減少し供給が上回ってしまうときには優先的に出力抑制を受けるというデメリットがあります。
また、住宅用と比較すると売電価格が安く設定されていることも特徴です。
こういった背景から、買取してもらえる電力量や固定年数に差が出ているものと考えられます。
4、メンテナンスにも費用が掛かる
太陽光発電はメンテナンスフリーだと考える人も多いのですが、実際には草刈りや清掃・パワーコンディショナの交換などメンテナンスが不可欠です。
地面設置の場合は雑草がのびてパネルに影がかかると発電量が低下してしまうため、定期的な草刈りもしくは除草剤の散布などが必要になるでしょう。
そういった手間を減らす為に、防草シートや砂利を敷くことも有用です。
パネルやパワコンの初期不良による故障は期間内であればメーカーの保証が受けられます。
土砂崩れや台風による水害などで破損したケースでは動産保険など、保険などに加入している場合は保険を利用して交換が出来る場合もありますが
加入していない場合は実費での交換が必要になります。
5、売電価格が年々下がっている
この売電価格が年々下がっていることを懸念する人もいます。
たとえば、2009年の売電価格は10kW未満の住宅用太陽光発電設備の場合48円/kWhでしたが、
固定価格買取制度が開始された2012年には42円/kWhに。2016年には出力抑制の有無で、金額に差が出るように変わりました。
また、2019年には住宅用設備は24円/kWh(出力制御対応機器の設置義務なし)、10kW以上の産業用・事業用設備でも売電価格はさらに下がる見込みです。

デメリットをしっかり理解したうえで太陽光発電を活用すれば心強い味方になりますね♪是非今後のライフプランにお役立てください!

関連記事

  1. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい カーテンと…

  2. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい アイランド…

  3. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい あって良か…

  4. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 電動シャッ…

  5. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 畳コーナー…

  6. 宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 縦長リビン…