カーテンとブラインドは何が違う⁉︎

00223

窓周りでお部屋の印象が大きく変わります。

その役目を担っているのがカーテン・ブラインドです。

今現在、様々なデザインが揃っており、どちらをチョイスされるか迷われている方も多いはずです。

さらにカーテンとブラインドは見た目の違いだけでなく、機能面も少し変わってきます。

そこで今回は気になるカーテン・ブラインドのメリットとデメリットを簡単にご紹介します!

◼️カーテン

メリット

最も思いつくことができるのは『扱いが非常に簡単なこと』です。

現在、国産メーカーのカーテンの9割は家庭で洗えるものなので、手軽に洗濯することができます。変えたくなったら商品を買いかえればいいだけで着脱もカンタンです。価格も比較的リーズナブルな物も多く、カラーやデザインはもちろん、アイテム数は無限にあるなかから選べるので、その部分がブラインドとは異なる魅力です。

すべての窓まわりのアイテムのなかで、低価格のカーテンレールとレース、ドレープ(厚手のカーテン)の組み合わせが、もっともコストを抑えられるプランの一つになります。また

デメリット

デメリットととしてはカーテンは横に開くため両サイドにカーテンがたまり、視覚的にその分窓が狭く感じられてしまいます。間取りにもよりますが、子ども部屋や寝室など比較的狭い空間では、ベッドやデスクなどが窓の前に配置され、カーテンの開け閉めが少ししにくかったりするというスペース的問題点が出る可能性がございます。

 

 

◼️ブラインド

メリット

ブラインドは、一台でドレープとレースの二役ができます。つまり、光と視線を同時に調整できる点で、他のアイテムより優れているといえるでしょう。そしてデザインもおしゃれなものが揃っており、カーテンのようにモサッとしないので、窓まわりがスッキリとします。また、ひもやチェーンの上げ下げで操作ができるので機能的。近年では紐やチェーン無しのワンタッチで操作が可能な商品もございます。

 

デメリット

掃除がカーテンに比べ少し面倒かもしれません。水平に羽根が連なっているので、すぐにホコリがたまってしまいます。

また、羽根の途中にはひもがついているので、掃除には少し工夫が必要かもしれません。

 

 

いかがでしょうか。スタイルや機能が違う為、悩まれている方もいますが少しでも参考になればと思います!

是非どちらがご自宅にマッチするか比較してみて下さいね。

関連記事

  1. house_boroboro

    空家対策 宗像市 無料査定行なってます♪

  2. sittoku

    固定資産税の軽減措置

  3. sittoku

    宗像市 空き家 無料査定

  4. WS000001

    宗像市ひかりヶ丘 土地

  5. 012301

    リビングを広く見せるには!?

  6. スライド1

    地域情報サイトマチケンへのお問い合わせはこちら