宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 不動産取得税の軽減措置

不動産取得税とは?

不動産取得税とはその名の通り、取得した時に課せられる税金です。つまり、毎年かかる固定資産税とは異なり、取得した時に1度だけかかる税金です。

税率は以下の表のとおり定められています。原則税率は4%ですが、住宅については、3%が適用されます。

※取得の時期:平成20年4月1日から平成33年3月31日まで

図1

不動産取得税 算定式

不動産取得税=固定資産評価額×税率

固定資産税評価額は住宅の場合、建築費の40~60%程度、土地の場合は時価の60~70%程度が評価水準とされています。

固定資産税評価額とは
総務大臣が定めた固定資産評価基準によって評価した価格、あるいは、市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格。(行政職員により現地調査・評価の上、額が決められます。)
※なお、土地については平成33年3月31日までに取得したときは、この価格が2分の1になります。

新築住宅における軽減措置

住宅における軽減措置の内容 固定資産税評価額から1,200万円を控除

住宅の価格から1,200万円 を控除(価格が1,200万円未満であるときはその額)(※「長期優良住宅」の認定がされた場合 1,300万円を控除)※平成21年6月4日以降の新築で、県又は市の建築関係課による認定がされたものです。

つまり最大で単純計算すると1,200万円×3%=36万円の税額が軽減されることになります。

新築住宅の不動産取得税の軽減を受けるための主な要件

新築住宅で不動産取得税の軽減を受けるには、以下の条件を満たす必要があります。
戸建てや区分所有マンションの場合、住宅の延べ床面積(物置、車庫及びマンションの共用部分などを含む。)が50㎡以上、240㎡以下であること。大抵の物件は当てはまると思います。
※なお、マンション等の共用部分の床面積は専有部分の床面積割合によりあん分した床面積となります。

土地(新築住宅用)の不動産取得税の軽減措置

 

土地(新築住宅用)

以下の額を税額から減額
軽減額:次のうちいずれか大きい方の金額
(1)45,000円(税額が45,000円未満の場合にはその金額)
(2)土地の1平方メートルあたりの価格×1/2(※)×住宅の床面積×2(200㎡が限度)×3%

(※) 平成33年3月31日までに取得したときは、土地1平方メートル当たりの価格の2分の1に相当する額となります。

土地の不動産取得税 算定式(新築住宅取得時)

不動産取得税額=固定資産税評価額×1/2(※)×3%–軽減額

(※) 平成33年3月31日までに取得したときは、固定資産税評価額の2分の1の額になります。

土地の不動産取得税の軽減を受けるための主な要件

新築した住宅が上記の不動産取得税の軽減要件に該当すること。
次のいずれかに該当すること。
①土地を取得してから3年以内にその土地に住宅を新築し、かつ、住宅が新築されるまでその土地を継続して所有していること。
②住宅が新築される前に取得した土地を譲渡した場合、その土地を取得してから3年以内にあなたから土地を譲り受けたものがその土地に住宅を新築していること。

③住宅を新築してから1年以内に、その住宅を新築したものがその住宅の敷地(土地)を取得していること。

詳細、必要書類等はこちらをご参照ください

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fudousan.html

関連記事

  1. 69832154

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 無垢フロー…

  2. 65269548

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 北向き物件…

  3. hatena_boy-205x300

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 物件価格以…

  4. WS000001

    宗像市ひかりヶ丘 土地

  5. 8564166

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 大活躍のト…

  6. 0317

    宗像市 福津市 新築住宅購入の時に知っておきたい 新築一戸建…